Menu

美容整形はあごにシリコンを入れる方法を知ることから始まります

美容整形では、あごに適切なサイズのシリコンを挿入することで、美しいフェイスラインを作り出します。鼻の頭から始まるエステティックラインも、あごが引っ込んでいると美しいラインを描きません。しかし美容整形では高度な手術によって、平坦な顔立ちをバランスの取れた整ったものに改善します。また顔に挿入する時に使うプロテーゼは、半永久的な効果を生み出すので多くの人に喜ばれています。この手術では、まず口腔内の下唇の部分を2、3cm切り開き、フェイスラインに合わせてカットしたプロテーゼを挿入していきます。熟練の医師であれば、約30分で手術は終わります。切開した口腔内の粘膜は治りが早く、また口の中なので心配するような傷跡は残りません。入院する必要がないのも利点です。

具体的なプロテーゼ挿入手術の流れ

まず手術前に、クリニックでは医師とカウンセリングが行われます。コンピューターを使ってシミュレーションを行い、挿入するプロテーゼの大きさや形を決定します。コンピューターで仕上がりを確認しながら行うので、術後にイメージと違うということがありません。またプロテーゼは、オートクチュールでその人に合わせてオーダーメイドで作成していきます。この時、手術についての詳しい説明も受けられるので安心です。手術当日は、局所麻酔注射を施します。神経を傷つけないようにあごの外側から注射をしますが、場合によっては皮膚にあらかじめ麻酔クリームを塗ることもあります。次に粘膜を切開していきますが、麻酔が効いているので痛みはありません。最新技術で手術を行うクリニックなら、出血を防ぐために、CO2レーザーを使用して切開を行います。ペースが十分できるまで切開してから、前もって作成しておいたシリコンを挿入します。

プロテーゼを入れた当日の注意点

あごに挿入するシリコンは骨膜下に入れないと固定されないため、優秀な医師であれば、骨膜と骨も剥離してから挿入します。これを行わないと、術後に挿入物が動いてしまう危険があります。そのためクリニックを選ぶ場合は、評判や実績を調べて、ベテランの医師が在籍しているところを選ぶことが望ましいです。手術後のダウンタイムは、個人差もありますが約1週間です。メイクは術後、すぐに行うことができ、シャワーや洗髪は当日から可能です。ただし当日は激しい運動を行うと、血流が良くなり出血する場合もあります。そのため数日は安静にしているべきですが、万が一出血した場合は、氷などで冷やせば治まります。しかし日常生活を普通にしている分には、そうした事態にはなりません。またクリニックではアフターケアもしているので、何か心配な症状が出たらすぐに受診できるので安心です。