Menu

あごにシリコンを入れる方法詳しく教えます

あごの形に悩みがあるとき、形を整えるために適しているのがシリコンプロテーゼを挿入する方法です。半永久的な効果が来たできるため、多くのクリニックで採用しています。仕上がりに不自然さが出にくく、肌の上から触った感触も違和感が出にくいため、様々な治療に使われていますが、リスクも存在していて、適切なサイズを入れないと圧迫されて、元の骨のほうが吸収されて変形してしまうことがあります。質が悪いものを利用すると石灰化し、手術などで取り除く手術が必要になる人もいますから、手術で重要なのは丁寧に行い技術が伴っている医師に執刀してもらうことと、品質が優れているものを導入しているクリニックを選ぶことです。思いのままに形成しやすく、手術時間もそれほど長くないため、しっかりしたクリニックを選んで手術を受けましょう。

手術前のカウンセリングやシミュレーション

理想的なあごの形を実現するために、最も大切なのが手術前に行われるカウンセリングやシミュレーションです。悩みの内容によっては、手術以外のやり方で済む場合もあるわけですから、自分がどんな点で悩んでいるのか医師にしっかりと伝えましょう。あごにシリコンプロテーゼを入れると、引っ込んでいたものを前に出したり、形を整えることが可能です。細くシャープな形にしたいときには、少し尖り気味に加工する必要がありますし、男性らしい輪郭を求めている人は、しっかりと幅があるものを入れる必要が出てきます。シミュレーションを行うと、仕上がり状態が一目でわかり、自分が目指す輪郭になるか前もって知ることができるので、どんなシリコンプロテーゼを入れたいか決めるときにとても有効性があります。

手術の手順と術後の注意点を知る

シミュレーションが終わりシリコンプロテーゼの作成が終わったら、いよいよ手術です。あごを切るときには、オトガイ神経を避けつつ局所麻酔を2か所に刺し、切開は通常口の中から行います。傷跡を目立たせないための工夫で、唇をめくり歯茎の際から切り込みを入れて剥離していきます。挿入スペースをしっかりと確保しておかないと将来、骨の吸収が起きることがあるため、医師の技術が必要になる部分です。また出血が多いと、炎症や石灰化のリスクが増してしまいます。骨膜下の剥離を行いきちんと挿入することができたら、最終的な位置や形を確認して口の中の粘膜を縫合し終了になります。手術時間はデザインによって異なり、早ければ30分ほどで終了です。術後に患部を触ると位置がずれてしまうことがあり注意が必要で、食事は普通にできますが、ブラッシングの時に傷口を傷めないようにする必要があります。入浴も出血につながる可能性があるため、当日は避けましょう。