Menu

あごにシリコンでプチ美容整形を叶えよう

あごの形にコンプレックスがある場合には、美容外科の手術を受けて高さを出しラインを整えることが効果的となります。しかし、保険の効かない全額自己負担となる美容外科の手術を受けるとなると費用が嵩み、体にメスを入れるので体にも大きな負担がかかってしまいます。費用を抑え美容外科の手術を受けたい人には、唇を少々切開してシリコンを入れ高さを出すプチ美容整形がおすすめです。女性が美人に見える条件の一つに、鼻から唇にかけてのラインが一直線上に位置することが望ましいとされています。その位置に唇を持ってくるのには高さがあることが欠かせなく、素材を入れて高さを出す方法はバランスの良い高さに調整しやすいので適しています。入れる素材は軟らかい医療用の物となっているので、品質も保証されているので安全です。

個人の状態に合った高さに調整がしやすい

鼻の高さが個人それぞれで違うように、あごに関しての高さも人によって違いがあります。シリコンを入れて高さを出す手術は使う医療素材の高さを個人に合った高さに加工して行うので、美容成分を注入して高さを出す方法よりもキレイなラインが作りやすくなります。高さを出す効果のある美容外科の手術として、ヒアルロン酸などの成分を注射する注入物での手術があり、体にメスを入れないのでこちらの方が人気なクリニックもあります。コストや効果の面を考えると、注入物での手術よりあごにシリコンを入れる方が、メリットが高いです。美容成分は大体2年内ほどで、体内に成分が吸収され効果がなくなり再手術が要ります。医療素材を入れる手術の場合だと、効果が半永久的であり一度で手術が済みます。メスを使う手術でも切る場所が唇の内側なので、表に傷跡が見える心配もありません。

素材を入れる手術が適している人

高さを出して横顔のラインをキレイにする手術には、医療素材であるシリコンあごを入れる方法と美容成分を注入する方法の2つがあります。簡単にできて安価なのは美容成分を注入する方法ですが、修正したい場所の状態の形によっては医療素材を入れる手術の方が効果は大きいです。治したい箇所がかなり引っ込んでいる人、割れてしまっている人は美容成分を注入する方法はあまりおすすめではありません。注入物の量が普通よりも必要となるので料金が高くなり、ラインをバランス良く整えるのも難しくなります。軟らかく加工しやすい医療素材は形の修正がしやすくなっているので、自分の顔の状態に合った理想の高さにすることが可能です。医療素材の高さの調整は、ミリ単位で修正をお願いすることができます。